林修が幼児の早期英語教育に必要なし!不要の理由と大切な事とは?

9月24日の林修先生の

『林修の初耳学』で幼児の早期英語教育に

対して必要ないと林先生が持論を展開

しましたね~

ほんとうに幼児の早期英語教育はいらない

のでしょうか?

昔から英語は小さければ小さい程

英語を教わるには万全だ~的なことを

言われてきたと思いますが。

林先生はどんな意見をお持ちなのでしょうか?

 

今回は、幼児の早期英語教育に必要なし!

といった持論をお持ちの林先生について

いろいろとまとめていきたいと

思っております~!

それでは~

スポンサーリンク

林修が幼児の早期英語教育に必要なし!不要の理由と大切な事とは?

タレント紗栄子さんの幼児教育は?

林修の初耳学にゲストで出演してた

紗栄子さんには9歳と7歳のお子さんが

いるそうですね。

報道でもりましたが、イギリスの名門校へ

留学ですって!

紗栄子さんは実業家としても

いろいろやられているみたいなので

経済的にも自立されていて

お子さんを留学させるくらい

教育には熱心なようです。

特に英語教育への情熱はハンパなく

強いようでお子さんを1歳のときから

勉強させているそうです。

 

林修先生の幼児教育におけるお考えは?

林先生が言うには、東大出身で子供に早期英語教育を

やらせている親に会ったことがないそうです。

 

この言葉はけっこう重いですし、

東大出身の親がやっていることなら

なんとなく信憑性がある気がしてきました。

 

プレジデントオンラインの記事にも

同様な意見が書いてあります。

 

英語ができる親ほど子供にはそれほど早くから英語をしなくてもいいと考え、

英語ができない親ほど早くから子供に英語をやらせたいと考えているようです。

スポンサーリンク

やっぱり自分が英語が苦手だったりすると

子供には得意になって欲しいから

ついつい幼児の内になるべく早く

子供に英語をやらせたいと考えているそうです。

 

林先生がまず感じるのは

親ができた、子供にやらせる、これは見事な反比例関係

なんだとか?

要するに、自分が英語をペラペラ話せる人は

子供にそんなに早くから英語はやらなくて

いいよと言っているそうなんです。

 

逆に子供に英語をやらせている人というのは

自分が出来なかった人のほうに多いんだとか。

 

更に林先生がおっしゃるには・・

  1. 語学はアプリという仮説を持っている
  2. アプリを動かすスペックを上げておけば、アプリが簡単に入る頭になる
  3. 言語には思考の言語がある
  4. 言語には伝達の言語がある
  5. 幼児教育は英語よりも思考力を伸ばすべき
  6. 幼児期という限られた時間の中で英語教育の優先順位は低い

 

また、昨今の就職活動にも

思考の変化があるようですよ。

 

英語が出来るけれども仕事が出来ない。

この学生を採用すると大変なことになるそうです。

英語が出来る=仕事が出来る→勘違いする。

日本はそこのモノサシが狂っているそうだ。

 

まとめ

結論としては、

0歳~10歳のときにやり抜く力を

育む幼児教育が、大事だということだそうです。

 

最後までお読み下さり

誠にありがとうございました(^。^)

スポンサーリンク