プラダーウィリー症候群の日本の有名芸能人は?原因や症状と特徴も!

日テレのザ!世界仰天ニュースで

『プラダーウィリー症候群』という病気に

ついて、その病と闘う男性に密着するそうですよ!

 

プラダーウィリー症候群とはいったい

どんな病気なのでしょうか?

なかなか普段の生活では、聞き慣れない病名かも?

しれませんね。

現在、この病気は1万人~1万5千人くらいの

確率で発症するそうですね。

 

難病と言われていて

主に過食や発達の遅れが見られる

そういった病気のようなんです。

 

ということで

今回は、『プラダー・ウィリー症候群』について

原因や症状や特徴について、

また、この病気の有名芸能人はいらっしゃるのか?

このへんについて

いろいろとまとめてみたいと思っております!

それでは~

スポンサーリンク

プラダーウィリー症候群の原因や症状と特徴は!

プラダーウィリー症候群の症状は

その人によって様々なんですね。

過食や発達の遅れが見られる

難病といわれています。

 

どれだけ食べてもすぐにお腹が空いて

これを自分ではコントロールできない

恐ろしい病気です。

 

確かに、病気とまではいかなくても

食べても食べてもすぐお腹が空いちゃう

タイプの人も見たことがありますが、

それとは、比べ物にならないくらいの

度合い、限度を越した食欲のようです。

 

そして、当然異常に食べ物を口に入れてしまうので

体重が異常に増加して、心臓病や糖尿病といった

弊害が生まれ、ありとあらゆる病気を引き起こして

しまうんですね!

 

これは恐ろしい病気ですよ。

それに、コントロールが効かない食欲で

なんでも食べるということは

当然、食費にも影響がどんどん出てくるので

家計を圧迫していくことになって、家族ともに

悲惨なことになっていく病気です。

 

原因は?

この難病が発見されたのは

かなり古いんですね。

1956年にスイスで発見されて、

研究者の名前が

  • アンドレア・プラダー
  • ハインリッヒ・ウィリー
  • アレクシス・ラプハルト
  • グイド・ファンコーニ

病名はこのメンバーから

プラダーとウィリーからきていると

言われているそうです。

その原因ですが・・・

15番染色体q11-q13の父親由来が欠損するか、

または母親染色体ゲノムインプリンティングダイソミー

によっておきる遺伝子疾患。父原性欠損型患者では

染色体 15q11-q13 が欠損していることが知られており、

この領域に遺伝子座をもつ necdin (NDN) 遺伝子が

原因遺伝子ではないかと考えられている

スポンサーリンク

症状は?

  • 唾液が少ない
  • 嘔吐しない
  • 夏に発汗が少なく、熱射病になりやすい
  • 性器の成長不全がある
  • 初潮が遅れる
  • 無月経になる
  • 子宮や卵巣が未熟のままになる
  • 声変わりがしない
  • 知的障害があり対人関係で問題あり
  • パニックを起こしやすい→不登校やいじめの原因
  • 代謝異常が多く基礎代謝量が正常な人より低い

・・・・といったように

様々な異常な健康状態を引き起こしてしまいます。

 

その他の特徴は?

特定の事柄に固執する一面があって

一般人に比べて、ジグソーパズルを組むのが

とても上手いという研究報告もあるようです。

その速さは実に、平均の3倍の速さだそうです!

 

プラダーウィリー症候群の日本の有名芸能人は?

この病気にかかっている

有名人や芸能人をチェックしてみたのですが

情報がないようでした。

日本でなくても、海外では有名人がいそう

な感じがしますけれどね。

 

今後情報を発見したら追記させて

いただきたいと思います!

 

 

 

最後までお読み下さり

誠にありがとうございました。

スポンサーリンク